不動産営業が楽しくなって稼げるようになる正しい考え方とコツ

つい最近の地方出張でこんなことがありました。その会社の定期コンサルに通うようになって8か月目になり、何かと案件の動きが出てきました。

クライアント様(以下クラ)「小林さん、そういえばこんなことがあったんですよ」

私「はい、どんなことですか?」

クラ「最近仲良くなった業者さんと取引ができるかもしれないんです。4億2,000万円の土地です」

私「おー!良かったですね!1,200万位の入金ですね。どんなきっかけだったんですか?」

クラ「その買主さんは私たちがニュースレターを配っている会社だったんですけど、元々広告業界にいたそうなんですよ。それで毎月送っているニュースレターを気に入ってもらって」

私「なるほどねー。どこかが刺さった(心に残った)んでしょうね」

クラ「実はその土地情報もたくさんのところからきていたそうなんですよ」

私「マジっすか!?」

クラ「実はこの土地情報はいろんなところから来ていたんですけど、ぜひ〇〇さんを通して買いたいと思ってますと言われたんです」

たとえ話をすると分かりやすいです。

私たちは趣味やスポーツや勉強をするときに、初めからうまくいかないことがわかっているので出来なくてもあまりショックを受けません。

その後に練習や勉強をという下準備をして少しづつできるようになります。

私でいうと空手が趣味なので、師範からよくたとえ話で言われることは

「稽古は半紙の積み重ね。たくさん半紙を積み重ねないと分厚くならない。段ポール箱の上に数枚置いても上から押せばすぐ潰れる」

ごもっともです。

練習や勉強や下準備、これが仕事になるとなかなかできないのはある理由があるからで、その理由が明確にわかるとあなたも営業が楽しくなって稼げるようになります。

2つありますが知りたいですか??

理由その1.反響営業であるから。

反響営業だとお客様の属性や会社や上司や環境のせいにしちゃうことありませんか?

理由その2.反響があるから練習や勉強や下準備が疎かになる。

黙っていてもお客様が来る反響営業だから、油断して下準備を疎かにしてしまうことありませんか?

だから.コツとは人から選ばれる事である。

売却でも購入でも一般エンド顧客でも業者でも、取引をするという事は相手から選ばれるという事。

契約ごとは0か100の世界ですから、どんな経緯があるにせよ選ばれた人が勝ちます(稼ぎます)

人は選ばれたときに「やった!面白い!」という全能感に浸ることができます。

そりゃそうです、待つだけの仕事じゃなくて自分で勝ち得たものですからね。

そこには金銭面や事情などもあったでしょう。

でも中には、今回のような同条件の中で誰かを選ぶとか

あまり条件が変わらないならあの人を選ぶ、といったような場面に誰しも一度は出合ったことがあるはずです。もちろんあなたも。

不動産営業において、そこで選ばれるような下準備をしていればいいわけですね。

それって実は簡単なんです。人は定期的に相手に接しているだけで勝手あなたを好いてくれます。

でも、反響営業の世界にいると具体的にやり方を教えてもらえない。

・・・そこで源泉営業を追い続ける優真が、人から選ばれる下準備で成果を出すレポートを実話をもとにお教えします。

そのやり方と実践結果をまとめた、実話物語レポートを差し上げます

全て実話で有料会員様向けに配る秘匿性が高いものを、個別に送らせていただきます。下のフォームからお申し込みください。

(既定数を超えたので終了しました)

【書かれた内容】

1.電話帳の電話営業で交わした会話から、隣地の売却も合わせた大きな成約へ変わった物語【売り営業】

2.未経験の営業マンが信用金庫を巻き込み、今では先生と呼ばれるようになった物語【買い営業】

3.既存顧客への連絡方法を見直した営業マンに、紹介客が毎月溢れるようになった物語【買い営業】  

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す