なぜ反響営業で稼いでいた営業マンがフルコミになった途端に稼げなくなるのか

不動産会社のほとんどは反響営業です。

これは言ってみればあたり前で、関心のあるお客様からの問い合わせを捌いたほうが現金化も早いし社員も雇用しやすい。

反響客を捌く多くの教育システムもあります、先輩からの交渉術だとか反響で行うBtoB間の立ち回り方法だとか(重要)

そもそも、それが合理的な企業の姿。しかしながら、その真逆のスタイルを貫く営業マンも世の中多くいます。

それは弊社で推奨する源泉営業と言われる営業手法ですが、会社に依存せずに0→1を生み出すのが楽しいというちょっと変わった営業マン。

ちょっと変わったというのは語弊がありますが、考えてみてください。

あなたは会社が顧客を用意してくれる環境で仕事をしているとします。

もう一度言います、会社が関心のある顧客を用意してくれるわけですよ。

ここで自分から顧客を作りに行きたいって・・何でそんな必要があるの?ちょっと変わってますよね?

変わっているというのは、その他大勢のレベルから飛び出る可能性がある

会社に依存したくないっていう考え方が、そもそもいい意味で変わっているわけです。

もっと自分の力で稼ぎたいってことですからね。

さてそんな中、副業解禁から不動産業界のフルコミに挑戦する方が後を絶ちません。

【ここで今回の記事のポイント。そもそも論で話をしていきます】

開業した後の不動産協会グループさんや多くのフルコミ会社さんでは、お客の捌き方教えてくれます。

1.買いたい方から問い合わせが入ったらこうしましょう

2.売りたい方から問い合わせが入ったらこうしましょう

3.他には、こんな困りごとが合ったらこう展開してマネタイズを狙いましょうetc

もうお分かりかと思うのですが、これはお客様から問い合わなり反響を頂いた後の話であって

一番初めに考えないといけないお客様を作るという教育に対し、WEBを使った反響客ありきの話が前提になっているわけです。

というか、そもそも教えるべき(覚えるべき)話はお客様を出す手法が先にならないとおかしい。

「反響が入ってくる」「問い合わせが入ってくる」と油断してはいけません。

だって同じ物件が大手のサイトに出ていたら、ポータルサイトであなたの会社と同じ物件を大手が取り扱いしていたら

お客様って大手に行くと思いませんか?

手数料を安くする会社に行きませんか?0円会社。

私が逆の立場なら、同じ物件がWEBに載っているなら知らない会社より知っている会社に行きます。

テレビや家具ならまだしも、なんで数百~数千万円の買い物で知らない会社に行くのか、家族に相談したって大きい会社がいいんじゃないの?って

たいていは言われるでしょう。。ちょっと違う目線で考えるとわかりやすいのは、

ある大手の会社にいた営業マンが独立して(フルコミ)頑張ろうと思っています、今までさんざん売りました。

メチャクチャ自信はあるわけです。

でも一向に稼げません。というか、辛い状況がぜんぜん変わらない。

これってなぜだかわかりますか??

お客様は会社を選んでいたから。

その営業マンは自分が選ばれていたと勘違いをしてしまっていた。

ここはとても重要なんですけど、これから開業やフルコミに関心がある方はお客さんを捌く方法じゃなく、

一括査定サイトの反響客に全幅の信頼を寄せるのではなく(否定はしませんが、それだけでうまくいくなら日々倒産する会社は存在しない)

その前段にある

そもそも、自身でお客様を作る方法はいったいどこに行ったら教えてくれるのか?

大手がポータルサイトに載せていない物件を作るにはどうすればいいのか?を考えてみてください。

もしかして、・・・優真商事か?なんて言いません(笑)

どうぞ弊社の実績と比較しながら、あなたもいろいろ探してみてくださいね。

優真商事 小林

源泉営業で年収が3倍↑メルマガ

 

 

コメントを残す