今まで不動産案件を振っていた知り合いがいたらしいですが、その方が事故物件専門になったので、実は不動産屋さんを探してはいました、とのことでした。

本日のメール営業の反響についてご報告させて頂きます。

•FP事務所

今まで不動産案件を振っていた知り合いがいたらしいですが、その方が事故物件専門になったので、実は不動産屋さんを探してはいました、との事です。

京都と大阪に事務所をかまえておられ、京都、大阪、神戸で主に女性のお客様で家を買いたい、借りたいというお話はよくあります、とのことでした。

•行政書士事務所

メール営業し、本日電話がかかって来ました。

和歌山の不動産屋の友人に今まで案件振っていたが、京都や京阪神間でお願いできる不動産屋がいたらありがたい、とのこと。東京の案件もあるようです。

主に数十億円単位の一棟収益物件の案件が多いらしく、ぜひ名刺交換をさせて頂きたいと言って頂き、再来週お会いすることになりました。

税理士事務所→遺品整理会社→FP事務所→行政書士とメール営業を展開してきました。まだまだコツコツと続けて行きたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弊社が作ったメール営業のひな型を送ると、こういった反響が寄せられます。

でも一般的なメール営業ってほとんど反響がないんですよね。うちにもたくさん来ますけど、例えばこんなやつ

ご担当者様

お世話になります。株式会社bのDと申します。

弊社は東京都に本社があり、主に人材派遣業・各種“AI”サービス事業を行っている企業で御座います。

弊社が販売パートナーを務めさせていただいている、NTTが開発・提供を行っております【〇〇】のご案内に関しまして、誠に勝手ながらご連絡させていただいた次第です。

突然では御座いますが…「OCR」という言葉はご存知でしょうか?
これは「OpticalCharacterRecognition/Reader」の略で、日本語に言い換えますと光学式文字認識/読み取り装置を意味します。

弊社がご案内しております【〇〇】は「OCR」に「AI」を組み合わせることにより、CSVやPDFなどの各種ファイルへの変換を行えます。

面倒な作業の一つでも御座います、請求書や伝票などをExcelに打ち替える作業や、保管に場所をとっていた書類などをデータ化し保管ができますのでおすすめです[限定10社/月まで]

・・・で??と思いました。

ホントにこういうメール営業を送る会社の営業マンはかわいそうです。先輩や上司の教え方が悪いんでしょうね。。

あなたが経営者なら考えることは、きっとこの2つだけです。

経費削減

売上アップ

だからBtoBのメール営業をするなら、この2点のネック解消を提案することを書いて送らないと、10000通送信しても返信なんて来やしません。

このブログの検索窓で「メール営業」と検索してみてください。きっと【すぐに】あなたの力になる営業方法を学ぶことができますよ。

ぜひ真似してみてくださいね。

優真商事

小林

源泉営業で年収が3倍↑メルマガ

 

 

コメントを残す