不動産業未経験で2年前の63歳の時に開業しましたが、開店休業の状態でした。今回不動産仲介の初契約となり、2件で166万円の仲介手数料となりました。

お陰様で5月13日(木)にアパート売買仲介の決済が出来ましたのでご報告いたします。 

また今までのことを思い起こし経緯を報告します。 

まずは不動産業未経験で2年前の63歳の時に開業しましたが、当然直ぐに結果も出ず、開店休業の状態で、長年の経験のある建設業で雇われ社員を続けていました。 

そして今から1年半くらい前に優真商事のブログを見始め、その後半年くらい経って小林さんに連絡をとり新宿のルノアールで会い、

2時間で20万円のコンサルの提案を受けましたが高いので動かず。 

その後建設業の雇われ仕事も嫌になり辞める方向に動き、不動産業を再開しようと決意して、小林さんに助言を求めたところ、

成約事例を持っての近所の飛込みを指導され、飛込みが始まりました。さらにそれから数か月くらい経ったときに、

優真商事の無料面談の講習会で小林さんに再会して、業務委託のフルコミに入会し勉強しました。

そこではフルコミ案件を複数いただきましたが、遠方であったり、市場になかなか出ない難しい物件探しだったりで成果が出ず断念。 

また昨年10月より基本的な地元の戸建てとマンションに飛込みして成約事例と同時にニュースレターを配っています、現在まで配った成約事例は50通くらいです。 

同時に小林さんには昨年10月よりニュースレターを添削していただき今も続いています。 

飛込み以外では、小林さんより金融機関へのマイソクを持っての挨拶も勧められ、月1回持って挨拶に行っています。

そんな中で金融機関よりアパートを買いたい人がいるので、物件を持ってきて欲しいと頼まれ、たまたま持っていったマイソクにヒットして契約になったものです。

また飛込みを始めた頃に出会った人から小さな古家付き土地の売却を依頼されていた物も決済を終えました。2件で166万円の仲介手数料となりました。 

現在65歳で不動産仲介の初契約となり、年内もう1件くらい契約したいと思います、なお私の場合は年金が出でいますが少ないので、この収入は助かります。 

また新たな成果の報告ができるよう、ちゃんと苦労して、ちゃんと成果に結びつきますよう頑張りたいと思っています。 

敬具 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たいへん丁寧なお手紙を頂きました。文中一切加工はございません。

・・・初めて出会った時のことをよーく覚えておりますが、ものすごいふてぶてしくて個人情報を語らず(今となってはお立場的なことがあったので隠されていたのがわかります)

私は怒って、こちらから断るために高めのコンサルフィーを提案したのでした。

それが巡り巡ってこのような形で再会し、立派な不動産業者さんとして活躍し始めて・・人生とは不思議です。

この会員さんは飛び込みのお客様や、金融機関回り後にニュースレターでフォローする(といっても月に一回渡すだけ)

という基本を徹底的に守り続けた結果、今や案件で手一杯の状況となりました。

ちなみに166万円の仲介手数料は50万円値引きしての結果なので、本来は216万円の収入を得られています。

たった一人の未経験開業・ド素人です。

今日も信用金庫の支店長がわざわざ挨拶に来られてびっくりしたとメールを頂きました。

継続は力なり、昔の人は良いことを言いますよね。

私は仕事柄色んな業界のトップ営業マンの本をむさぼるように読みますが、ぜーんぶ書いてあることは一緒です。

基本を守る・コツコツ続ける。

そして営業にはオリジナリティーは必要なく、成果を出してきた先人の真似をすればいいだけ。

オリジナリティーを感じる手法があったならば、先人の真似をして少し加工しただけのことです。

私は一括査定サイトやWEB集客、否定はしませんが、負け戦になる気がするので会員さんにはあまりお勧めしていません。

査定サイトでも大手と比較される、HPを一新してアクセスアップを狙うって・・日本全国どこの会社も同じことしてますよ。

加盟金や広告費はいつまで支払いが続いていくのか?

眠れない夜を過ごしている方はいませんか?

そんな思いがあるなら本物の自己投資して、さっさと自分で案件を作り出す方法を学んで実践したほうが早いです。

フルコミや開業に関心がある方向けに、ぜったい失敗しないやり方がわかるチャレンジマニュアルを差し上げています。

あなたの周りに0からの案件作りを教えてくれる人がいなければ弊社がすべてお教えします。

開業してもなかなかうまくいかなくて悩んでいる方がいらっしゃいましたら、どうぞ弊社にご相談ください。

優真商事 小林

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す