反響営業と源泉営業の違い。なぜあなたは源泉営業ができないのか教えます。

不動産会社のほとんどは反響営業に頼っています。理由は簡単。雇用が出来ないことと、成果が出るまで時間がかかるから。

イマドキ飛び込みや電話営業で求人したって人が来るわけがありません。

あなたもそんな会社で働かないでしょう?

私は多くのフルコミ保険業界(飛込み・電話・メール・紹介)の高額セミナーに行きました。保険屋の高額セミナーの参加者で不動産屋の営業マンなんて私しかいませんでした。

そこで教わった方法を不動産業にアレンジして全国に発信し続けることにしたのです。

結果、幸いにして成果を出される会員さんが全国で続出しました。弊社のお客様の声に1㎜も嘘はありません。

これまた理由は簡単、先人の成功者の営業手法の真似をすれば成果が出るに決まっているから。

最も大事なのは【成功者の真似】

そんな中、セミナーや動画では何度もお伝えしていて「なるほどー!」といつもご納得いただいている図をもとに、今回はご説明しましょう。

これはある保険営業マンの高額セミナー(30万円)で”これを知って行動するだけでぜったい5,000万円稼げる!”と言われて感動した図です。

そりゃ嫌でも行動しますよ!こんだけのセミナー代金を早く歩合で回収したいからね。

反響営業は黒の矢印です、反響時点でお客様が会社を選ぶからあなたの信頼はいりません。尖った言い方をするとあなたでなくても代わりはいくらでもいます。

源泉営業は赤の矢印です、水面下のお客様は会社を選んでいませんからあなたが選ばれる必要があります。実力は100%反映します。

反響営業はこのようにお客様を会社が連れてきてくれるので、

そのお客様に対し「属性が悪い」「他社との相見積客」「もっと良い客来ないかな」という営業マンは、会社の上層部からするとどうみられているかわかりますよね?

何言ってんの?それを決めるのがあなたでしょ?

私が源泉営業の優真商事をはじめた理由に書いてあるカッコ悪いというのは、ここを指します。

一方、源泉営業というのはお客様がまだ動いていないから最終的にあなたを選んでもらわないといけないですよね。

選んでもらうというのは「覚えてもらわないと連絡が来ないので」売り込まず付かず離れずの定期的接触で、営業マンは頭の片隅に残ることだけ試みます。

そうするとどうなるか

→相手はあなたを覚えていて信頼してくれているから、あなたを選んで行動してくれる(買ってくれる・売ってくれる・情報をくれる)

世の中のスーパー営業マンが雑談しているだけで人の10倍以上の成績を出す、仕事の話をしない、売り込まない、勝手に数字が出る

夢のような話が語られますが、極論は

分母(認知)を増やし続けて赤矢印の行動を徹底的にやっているのがスーパー営業マンの種明かし。

(私がスーパーになるのは夢のまた夢。だからいまだにガンガン勉強しています)

もうお気づきになりましたか?

反響営業の世界にいると赤矢印の仕事をする必要がないので、源泉営業は教わらないとぜったいにできないんです。

動画で源泉営業を覚えるにはこちら

優真商事 顧客創出部

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す