【必見】戸建てとマンションに飛び込みで案件を作る方法をZOOMセミナーで教えます

戸建てやマンションから案件を作れると一気に年収が2,600万くらいになれます。

あなたは源泉営業を覚えた営業マンが1年間でどのくらい稼いだか知っていますか?

優真には幸いなことにたくさんの教え子がいて、ほとんどみんな結果をだしているんだけど、今回の木村さんはその筆頭格かな。

たしか去年、大阪の会員さんから会ってほしい人がいると紹介されてお会いしたのが木村さんでした。

大阪から東京へヒッチハイクで来て「どうやって車を拾ってきたの?」と聞いたらパーキングエリアで声かけるんですわ!と言ってきた。あぁ、また一人変態が集まったなーと。これが率直な感想。笑

そして大阪西成の戸建てや木村さんの会社の近くのマンションを飛び込みして一緒に物上げを始めました。

当時はコロナ騒動がなくインバウンド需要全盛期!楽しみながらやりましたなー・・あぁ懐かしい。遠い目

続けていたら結果は出るわけです、俺が一緒に優真のやり方を教えれば当たり前。

だって人間の行動心理なんて100年前から変わっていないんだよ?みんなそれを広告に頼っているから知らないだけ。

その後一年間いろいろ教えてきたけど、結局木村さんは一年間で約2,600万円の仲介手数料を稼ぎだして、

今はもう不動産業はいいやって引退してコンサルになっちゃった

木村さんのブログ↓以下抜粋

小林社長は、私が稼げずに不動産業を廃業すると思われていたようで、そうでは無い事が分かり安心して頂けました。

一年間がむしゃらにやってみて、私にとっては難しくなく稼げる事が分かったので辞めようと思っている事などを伝えました。https://katsuyaku.com/archives/843

でね、今はギバーの立場になった木村さんに「みんなに飛び込みのズームセミナーやってあげようよ」と企画したら快諾!

※木村さんは実地で無料で教えることもあるらしいけど、優真の私が今ワンデー研修するなら20万位貰わないとぜったい教えません。

だって、自己投資しないと覚悟が生まれないもん。

話がそれました。

木村さんが源泉営業だけで案件を作り出した方法と、日々動き続けられたマインドとはいったい何か?

俺と木村さんが完全に一致しているのは、不動産ポータルサイトの力を一切考えないところ。

だってさ、あなたの会社と同じ物件をリハウスや野村が載せてたら反響客はそっちに問い合わせるでしょ?

アフターフォローだって雲泥の差だし、こんなこと考えるまでもない(笑)

だからね、俺たち不動産営業マンがどうやったら勝てるか(稼げるか)って言ったら

水面下の物件を自分で作れないといつまでも大きく稼げないよ←大声!

同じくらい大事なのは

こういう数字は、案件を預かっても高く捌ける(売る)超能動型の仲間が周りにいるからこそ。

だから源泉営業を覚えるのは当たり前として

自己投資しているような人が集まる能動型の仲間に入らないとね(反響営業の営業マングループでは厳しいかな)

木村さんは1億2億といった高額物件を扱う人じゃなくて

源泉営業を駆使して小さな案件を作り出して、従来の仲間や東京/大阪の優真の仲間たちから力を借りて数字を積み上げてきた。

ここに一切の嘘はないし、こういう積み重ねを人は【自信】というんだよね。

【本当にオートロックって空くの?】

なんて思ってる?愚問だよそんなの(笑)

今回お話する方法は北海道から沖縄まで使えるよ、人間の心理はどこにいっても大きく変わらない。

仲介業や買取再販で仕事をしているあなたに、これからいくら反響営業を続けたって年収1,000万円突破するのは不可能だよ。

必ずあなたの夢を実現させるセミナーにします。

戸建てやマンションの飛び込みで案件を作る方法を覚えよう!ZOOMセミナーを開催!

■セミナー内容

■8月19日(水)朝10時から11時まで

1.優真代表小林が一緒に木村さんと西成の飛び込みを始めたときの詳しい状況と持って行ったもの(マイソク種類など)(15分)

2.木村さんが実際に行った飛込み営業の動きとその後のリアルストーリー(25分)

3.みんなで意見や悩み交換(20分)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者が多すぎると3.ができないので先着10名くらいがいいかな、費用は0円。

約30名となり締め切りました。

下記フォームから一言添えて事前予約をお申し込みください(注意:メールアドレスが間違っていると当日招待できません)

未経験の不動産営業マンがコンサルになったという異例の心境もぜんぶ教えてもらうよー!

締め切りました。次回開催は未定です。

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す