【対談音声】不動産営業のコツ。未経験の営業マンが飛込み営業3ヶ月で2件売った!!

今回は神奈川県の生徒さん、斉藤さんとの対談です。

斉藤さんは大手広告代理店出身の方でしたが、名刺の肩書で仕事をするよりは

 

自分の力で勝負したいと(私の感覚そのまんま)当時クライアントだった神奈川県の注文住宅デベロッパーさんに転職されたのでした。

 

意識が高い斉藤さんなので、総額50万円くらいの営業セミナーを受けられたようですが成果が出ない。

斉藤さん「優真商事さんですか?私こんな状況なんですけど、何とかできますか?」

 

と、いきなり挑戦的な電話をしてきたことを覚えてきます(笑)

 

そん時私は打ち合わせで新橋か五反田かそのあたりにいて、電車のホームで長く話せず

私「たぶん、結果は出せると思いますよ。良かったらもう一回電話してください」と促し、後日品川で会ったのでした。

品川のルノアールで待ち合わせ

斉藤さんはどこにでもいる普通のビジネスマンでした。

 

斉藤さん「・・というように●●営業セミナー行ったのに成果が出ないんです。小林さんなんでですか?」

 

●●セミナーは不動産業界では超メジャーなセミナーです。

コンサルタントの先生は有名で著書もあり、もちろん私も読んだことがあります。

 

私はすぐにその理由に気づいたので、お教えしました。

私「斉藤さん、よくある話なんですけど、来たお客さんを決めるのと【そもそもお客さんを作る】って根本的に違うんですよ」

斉藤さんはポカンとしています。

 

斉藤さん「どういうことですか?」

私「えーっと、反響営業の会社は現地販売とかネット反響とかお客さんが来るじゃないですか。そこで決める交渉テクニックはあると思います。

たぶん、その先生のセミナーは反響や来場で来たお客さんを成約する営業セミナーですよね」

 

斉藤さん「はい、そうです」

私「斉藤さんの会社って飛込み営業だったら、お客さんが来ないじゃないですか。

だからそのテクニックは使えなくって、斉藤さんが覚えるのは自分でお客さんを作り出すテクニックの源泉営業の分野になるんですよ。

これ、反響営業しか知らない人(お客は会社が用意するものと思っている人)だとピンとこないんだけどわかりますか?」

 

斉藤さん「あー、そうですね。確かに」

私「そんでね、反響客を決めるというのは自身の考えがあるお客様を決めるということになるわけだから、時たま交渉が暴走する営業マンがいるんです」

 

斉藤さん「・・・・。確かにあるお客さんといきなり連絡が取れなくなりました」

私「みんなそれは経験しますから仕方ないですよね(笑)。成果を求めずに、話せる人を探してニュースレターを渡してみることから始めませんか?」

 

斉藤さん「はい」

実践した結果は・・・業界未経験3ヶ月飛込みだけで2件の戸建てを売ったのです。

しかも厳しい交渉は一切ありませんでした、極めてスムーズに契約決済まで行ったのです。

 

それはなぜか?

源泉営業を使ったからです。

 

斉藤さんならではのトークテクニック(お客さんの本音を引き出す)とか、訪問するときのコツ・心が楽になる構え・成約になるまでの追客方法をたっぷりリアルに語っていただきました!!

 

こんなリアルな生の体験談が聞けるサイトは、きっと優真の他にないはずです。

今すぐお聞きください!(約15分)

斉藤さんは弊社のセミナー会員で、必ず月一のコンサルを受けています。

弊社の有料会員様には飛込みでの物上げや客付けのセミナー、ニュースレター作成講義も行っています。

 

斉藤さんとお引き合わせもしますので、あなたも優真の有料会員になってみませんか?

優真の有料会員(源泉営業動画見放題)の案内はこちらからどうぞ!

 

優真商事顧客創出部

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す