依頼もない人に紹介するほど暇じゃない

先日優真のセミナー動画視聴会員さんからこんなラインが届きました。

首都圏から電車で1時間ほどかかる遠方に住んでいるので「スクールに通えないから」という理由で

優真の動画視聴の会員さんになっていただいた方です。

 

実は彼、飛び込み営業だけで建売住宅を売る過酷な会社に、広告の超大手企業から転職した変わり者(変態)

 

なぜか?

「俺は営業で日本一になる」と決めたからです(いい意味で目が血走ってる笑)

 

営業で有名なKG塾(ご年配の先生・著書多数)の卒業生でもある彼は、

そこで教わったのにどうにも結果が出ないと優真に問い合わせをしてくれたのでした。

 

私もその先生の本を読んだことがあり、素晴らしい先生なんです

でもコンサルの方向性は優真とは根本的に違うかな?と感じていたんですよね。

 

あなたはなんだと思いますか?

その違いは「会社に来たお客を決める技術」「0からお客を生み出す技術」の違い

 

KG塾の教えは「会社に来たお客を10人中7-8人ほど成約させる」という驚異の教えで、

綿密なトークスクリプトとお客の心理をこれでもかと捉えた交渉術でとても素晴らしいです。

 

しかし、それって会社にお客が来ないと始まらないので

そもそも超初心者の飛び込みで開拓する彼はそのテクニックを生かし切れていない状況でした。

 

彼は「出会いは作れるもののなぜかお客が引いてしまう、なぜでしょう?」と悩んでいたので

 

そのお客様はどこでも買えるんでしょう?

源泉営業のお客様は来場客じゃないんだから、そんなに関心が高いわけじゃないよ。

熱くなりすぎないで、焦らず堂々と定期的に会えばいいんじゃない?そうすればあっちから勝手に君から買うっていうから。

(本当はもっと細かいアドバイス)

 

とアドバイスして、その通りになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前置きはこのくらいにして、今日の本題です。

 

先日あなたが選ばれるセミナーを開いたときに、

あなたの支援者からターゲットとする人を紹介してもらってガンガン攻めようよ!

 

って話をしました。

あなたの支援者っていうのは詳細は省きますが、あなたの人付き合いで上位13%の気の合う友人や知人のこと。

 

元来、紹介をお願いするっていう行為は人によってはとても難しいと言われます。

厚かましいんじゃないか?って思ってしまうんですよね。

 

そこで、知人のみんなに頼もうとするから難しいわけで自分の人付き合いのトップに入る

なんでも話せる人にその依頼をしたらいいよって話をしたのでした。

 

それを話しているときに、電話営業の女神と言われる吉野真由美さんの言葉を思い出したんですよ。

吉野真由美さんは電話営業で200億円売ったという伝説の人ですね(これまた著書多数)

 

それはこんな話です。

 

吉野「私は外車がすきで何度も乗り換えてます。いつも同じディーラーで同じ営業マンさんから買っています。

私の友達も車を買い換えるたびにいいなぁって助手席に乗ってくれます。

彼はとても優秀な営業マンだと思うのですが、私は彼にお客様を紹介したことがありません。なぜだと思いますか?」

 

なんでだろう?と思って読み進めてみると

 

吉野「紹介の依頼をされないからですよ。私は依頼のない人に紹介するほど暇じゃないから」

 

ガーン!!そういうことか。。。

 

ということで、

その話が刺さってくれた上に書いた会員さんが私に「実需の飛び込みで結果を出している人を紹介してください!」

と連絡が来たんですね。

 

それを聞いた私はすぐに、優真会員でもある飛び込みで月に実需の家を4件売る超ハイパー営業マンをご紹介しました。

 

あなたも会いたい人がいたら、思い切って親友や仲良しに言ってみませんか?

「〇〇な人と出会いたいんだけど、そんな人をたくさん知っていそうな知り合いいないかな?」って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸。

源泉営業と紹介営業は切っても切れない、とても相関性のある営業手法です。

弊社と提携している紹介営業専門学校【株式会社カッコイイ大人社】代表でもある牛木さんと協議し、

 

優真会員さんにもっとお役に立てるサービスやセミナーを提供できるのではないか?と話し合いを進めています。

私と牛木社長の志は同じなのですがざっくりいうと

 

「会社や人のせいにしない、自分の力だけで仕事を生み出す志の高いカッコイイ大人を全国に配置すること」です。

また追ってご報告いたしますね。

 

優真商事

小林

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す