不動産営業仕入れ等で検索してどこかにヒントはないかとたどり着いたのが御社の源泉営業でした。

はじめまして。 
本日、登録しましたKと申します。宜しくお願い申し上げます。 
早速ですがご相談させてください。 

自社分譲マンション(ディンクス・ファミリー向け)の営業マンとして販売物件のある時期はモデルルーム、販売物件のない時期はマンション用地の仕入れで地場不動産業者へ日参、という感じでした。

元々自社分譲は年1~2棟でしたがリーマンショック後は自社分譲そのものが難しくなり、ワンルームマンション用地を仕込み、土地で他社に卸す(転売)という事業に転換していきました。 

私は用地仕入れの担当でしたが、とにかくマンションが建ちそうな容積未消化の土地に目星をつけては所有者・地場仲介業者を訪問、日参し城南城西でマンションになりそうな土地を紹介してもらうという方法をとっていました。

長く通っていると仲介業者さんともそれなりに仲良くなり情報をくれる会社が数社。

当時会社もマンション用地は千三だからダメで当たり前みたいな空気があり、週1,2件程度検討できるレベルのマンション用地情報をあげていればOKな環境でした。

ですので恥ずかしながら、それ以外の営業方法や不動産営業(仲介業務・物上げ)については経験がほぼありません。

当時の会社もそれを求めてはいなかった背景はあるのですが私自身マンション用地は博打みたいなものと認識していた部分がありました。

現在勤める会社は私と同僚と店長の合わせて7名。 土地の仕入れ、売買仲介がメインです。

昨年の春に転職しちょうど1年が経過しました。
まわりに顔を売る為にも仕入れよりも仲介案件に注力した一年でしたが、今期の目標は大幅に未達という結果です。

上司からは「行動力はあるが空回りしている感が否めない。与えられるのを待つのではなく、仕事を自ら切り開いていけ」 という評価でした。 

経験者で中途採用、結果が出ないでは会社は済まされないことは重々承知の上でしたが数字が合えば不動産種別を問わない仕入れや仲介に漠然とした行動計画しか立てられず

予想以上に厳しい現状に私自身根本的に何かを変えなくてはならないのは確かでした。

不動産営業仕入れ等で検索してどこかにヒントはないかとたどり着いたのが御社の源泉営業でした。

登録したばかりでブログもまだまだ読み進められてはいない状況ですが、 
源泉営業に挑戦し、これからを変えていきたいと考えています。 

今後、源泉営業をされている会員様がいらっしゃいましたら是非お引き合わせください。引き続き宜しくお願い申し上げます。

K

以下返信しました

Kさま 

大変お世話になっております。この度はご連絡ありがとうございました。

優真商事の小林です。

さて、いろいろご経験のことと存じますが 

今は土地の仕入れができるようになれば良いのですか? (一般エンドの物件を預かっても評価されるのですか?) 

結論からいうと、 たぶんKさまのお悩みは優真で簡単に解決できますよ。 みんな同じように優真に来て、結果を出していますから。

先日もインタビューしてアップされていますが、ある会員さんは土地仕入れノルマを2か月で3年分のノルマを先日クリアしちゃいました。

(全くの未経験。去年宅建も落ちてます) 

> 上司からは「行動力はあるが空回りしている感が否めない。与えられるのを待つのではなく、仕事を自ら切り開いていけ」 という評価でした。

むしろ、 源泉営業を思い切り肯定してくださると思うので仕事を自ら切り開いてくれといってくれる上司の方は感謝ですね!

4月からスクールを始めて優真会員さんには講義の動画視聴もできるようにします。

それで悩みは解決できると思いますし、個別メールコンサルもついてますからそちらをぜひご利用ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

最後に、売り営業(売主側の仕事)だけやればよいならKさまの成績を出すには3点だけ追求すればOKです。

1.返報性の原理 

2.ニュースレター 

3.紹介(B TO B TO Cのつながり※ターゲット(地主)をたくさん知っていそうな人に接触。つまり、意識的に遠回りします) 

とくに地方のお客様や業者さんは東京の3倍感受性が強い(と思われる=人間味のある人が刺さる)ので、効果は凄まじいものが期待できますよ。 

では引き続きよろしくお願いいたします。 

優真商事
小林

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す