自宅、カプセルホテル、もう一つの不動産の3物件の売却見積もりをもらえそうでしたが白紙になりました。

小林さん、お疲れ様です。

諸々報告します。

 

電話帳ハローページで(新宿区)電話営業の件

昨日、1件目に、自宅、カプセルホテル、もう一つの不動産の

 

3物件の売却見積もりをもらえそうでしたが娘に確認して、白紙になりました。

2回折り返しをもらったので、ニュースレター(自己紹介文)だけ送らせてくださいと言ったら、

 

それなら送っていいと言われました。

この方には、3ヶ月間ニュースレターを送ったほうがいいでしょうか。

他に策があれば、アドバイスお願いします。

 

K

以下返信しました

 

Kさん

いつもお世話になります。

 

折り返しもらって、ニュースレター送付OKなんですか?

それってすごいことですよ。。。だって、関心なければぜったい断りますから。

 

1.次回ニュースレター送って、着いた頃に

「○○さんが将来的にお知りになりたいことは何ですか?弊社は営業せずにその資料だけ送らせて頂いています」

といって、その資料を翌月にレターと一緒に送りましょう。

 

2.1を実践しましょう

 

3.ニュースレターでKさんの顔や、個人的な情報を知ることができた一般顧客は

人間関係ができはじめますので(警戒心が下がる)着いた頃に、資料はお役に立ちましたか?で感度を確認。

ほかに何か知りたいことありますか?でその資料を4.でニュースレターと一緒に送ります。

 

4.3を実践しましょう。

 

5.3.と同じような同じようなヒアリング

 

こんな感じで、4.か5.あたりに、お目にかかってご挨拶だけさせてください・・でアポイントです。

人間関係さえできていれば、簡単にアポイントがきれます。

 

面前で話すことができれば反響客と何ら変わらない状況ですが、

源泉営業特有の信頼関係を構築するために3か月間わざと遠回りしたおかげで、

 

商談は驚くほどスムーズに進むはずです。

よろしくお願いいたします!

 

PS.今日Sさんとも話したんですけど、半年間で22件の顧問取得をしたデキる税理士との対談を終えて

「あえて、遠回りしたほうが数字が出る」

と同じように語っていたので、納得しました。

 

直接のお願いよりは、信頼関係を得てわざと遠回りする。

 

これの実証が取れた気がします。

引き続きよろしくお願いいたします!

小林

 

※ブログ告知:ハローページの電話営業やニュースレターを使った物上げに興味がある方は無料コンサルをしています(クリック)

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す