不動産土地仕入れ・用地仕入れのコツ!目標達成率400%-900%のトップ営業マンとの対談音声公開!

2020年6月19日 下記記事加筆修正しました。

不動産土地仕入れ・用地仕入れ・物上げは非常に難易度の高い仕事だと言われています。

それもそのはず、日本は島国であることから国土が狭く多種多様な業者で土地の争奪戦があり、様々な形で収益化が行われています。

それは建売住宅であったり、アパート/マンションであったり、商業施設であったり、駐車場であったり・・

その土地を持っている人たちを【地主】と呼び、その地主相手に様々なアプローチを仕掛ける営業マンたちがいます。

時には街を歩き回り、空き地を見つけては所有者事項を取り「あなたの土地を買いたい」チラシを郵送し遠方まで訪問して、

地主に接触を図り、半年以上かけて人間関係を築き、自社のお客様にする。

また時には、仲介業者をこれでもかというくらいに回りに回り信頼関係を築き、情報ないですか!情報ないですか!と連呼し、

愛想笑いを振りまきながら土地情報を流してもらう。

不動産の土地仕入れ、用地仕入れ営業(物上げ)は辛いですよね・・

私も毎日何十人と仕入れ営業マンを見てきましたからあなたの辛さ、よーーくわかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてここで、問題です。

あなたが地主で逆の立場で営業をかけられたら、その営業マンに振り向きますか?

あなたが仲介業者で逆の立場で営業をかけられたら、その営業マンに振り向きますか?

たくさんの営業マンがあなたのもとにやってきます。

地主(仲介)であるあなたは、一体何を基準に一番はじめに連絡する人を決めるのですか?

今回の対談は、土地仕入れ業界に身を投じた藤原さんとの対談です

常にトップセールスである藤原さんの成約数は、管理職を兼ねるプレイングマネージャーでありながら

平均営業マンの300-400%つまり3倍から4倍!

(しかも一度じゃありません。ずーっとです)

対談中出てくる藤原さんメソッドを唯一覚えた部下の方は、平均営業マンのなんと900%(9倍)!!

こんな数字は、普通と同じ営業をやっていたら出るわけがありませんよね。

だって普通の成績=普通の営業なのですから。

藤原さんも初めは普通の飛び込み営業をしていた営業マンでした。

でも、これだと爆発的な数字は出せないとガラっと営業手法を変えたのです。

・一番目に連絡してもらう営業マンになるために起こした行動

・建物が解体される前に情報をゲットし地主に接触

→建物解体が始まり他社が一斉に営業をかけたころには、すでに藤原さんで話がまとまっているという神業・・。

そんな神業が、この対談を聞けばあなたもヒントが得られます。

もしあなたが、停滞する成績から飛び抜けたい・現状を変えたい・数字を上げたい!といった夢をお持ちなら、

きっとこの対談はあなたの人生を変える対談になるかもしれませんよ。

優真商事の小林と目標達成率400%男藤原さん対談(約20分)

今日もお読みいただきましてありがとうございました。

※藤原さんが行ったセミナーは2018年に終了しております。動画販売については著作権の関係により調整中です。

優真商事 顧客創出部

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す