バッティングセンターで不動産を売る会社があるんだって!

先日知人の営業マンに聞いた話

 

あるお客様に居住用の物件の商談をしていたらしんです。

話を詰めて終盤に、他の借入の話になった途端この間投資マンションを買ったんですとお客様。

 

営業マンですからそこを逃さず

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”営業マン”] なるほど。それは良いですね!どんな物件なんですか? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”お客様”] 横浜のほうの物件です。利回りもよくて良かったです。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”営業マン”] いいじゃないですか!どんなきっかけで買われたんです?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”お客様”]バッティングセンターに行ったら声を掛けられて・・・[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”営業マン”] ・・は?[/speech_bubble]

 

詳しく聞いてみると、バッティングセンターに行った帰りに声を掛けられて投資マンションを紹介されて、

数回営業マンと会ううちに買ってしまったそうでした。

 

投資物件の営業マンさんはまさにホームランですね(失礼しました)

 

これ、反響営業しか知らない方だとビックリするかもしれないんですけど、

源泉営業の世界ではいたって普通の話です。

 

モデルルームや土地の前で声かけて売るという手法も昔から普通にありますし、

一部上場企業のオープンハウスさん(年間売り上げ3000億円)だって未だに使っている手法ですから。

 

だから別にバッティングセンターじゃなくったって、・・・どこでもある話なんですよね。

 

コインランドリーにいるお客さんだったり

居酒屋で隣に座ったお客さんだったり

会社に売りに来ているヤクルトレディーだったり

 

これを当たり前ととらえるか、そんな営業はしたくないと考えるか。。

 

 

人と人が出会って、その人が信頼されれば、いたって普通に人は不動産を買います。

ただその信頼という目に見えないものをどうやって相手に提供するのか、

 

商品力なのか?

人間力なのか?

 

その辺を突き詰めていく仕事ってやっぱり楽しいですよね!

今日もお読みいただきましてありがとうございました。

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)※動画付き

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す