見込み客を持っている状態なら、次は・・・ですね 後編

前回の続きです

さて、大量なお客様の名簿を目の前にしたあなたは、どんなフォローをするべきか・・・?

 

電話?

→誰あなた?で終了です

 

訪問?

→誰あなた?で終了です

 

電話や訪問は今まで知らない人もいるわけですから、心理的な負担も大きいですよね。

 

実は一番効果的なのは、仕事の話を一切書かないあなた個人の瓦版を送ること。

ちまたでは「ニュースレター」と言われるものです。

 

カリスマコンサルタントの神田正典先生(今は第四世代の教え子の先生が活躍中)が、

10年以上前に提唱していたアレです。

あなたは送ったこと・・・たぶんないでしょう??

 

◆ニュースレターでよく間違えられちゃうのは、

・あなたの会社の素晴らしさをうたう

・あなた個人の業績の良さをうたう

・あなた個人が信頼できる人とうたう

これを作っておくっても、何の反響がありません。

 

◆反響があるニュースレターは、

・仕事とは関係ないあなたの姿

・あなた個人のダメな部分

・あなたの本音

を作って送って相手があなたを知ってくれた時に、動き始めるんです。

 

だって逆の立場で考えてみませんか?

あなたの元に久しぶりの会社から手紙が届きました。

その手紙には、業績好調と書かれて成績優秀な営業マンが「お困りごとは弊社へ!」

みたいな、得意満面の文章がツラツラ書いてあるわけですよ。

 

今まで忘れていた会社ですよ?あなたは読んでどう思いますか?

きっと・・・「で?」ですよね。

 

ここは逆に攻めるんです。

 

1回2回送っただけでは効果が薄いニュースレターですけれど、逆のことを書くと・・

1.あー、あの会社か、何だ今ごろ。

2.●●さん?ふーん、何か知らないけど自分をさらけ出してマメな人だな。

翌月

3.あ、また送られてきたな。売り込みでもないし。マメだな―この人も。。。

更に翌月

4.またか(笑)何かおもしろい人だな。

 

月に1度だけ送り続けていて、その後このお客様の周り(お客様の知人友人含む)に何かしらの困りごとがでてきます。

人生はみんな平等に動いていますので、困りごとが発生しないことがむしろ稀です。

 

→ちょっと不動産のこれどうするかなぁ?

ここであなたへの波が押し寄せはじめます!!

 

・・まぁ、せっかくだし、わざわざ毎月瓦版を送ってきてくれてるあの人に聞いてみるか。。

 

こういったチャンスを毎月数十人、数百人に作れる名簿があるあなたの環境って

実はずごいことかもしれませんよ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたもニュースレターを作ってみたいですか?

全5回のニュースレターメルマガを読んで頂けるとあなたもすぐ作れるようになりますので、

ちょっと面白そうだな・・って思ったら気軽にお読みくださいね。

全5回の不動産業者専門ニュースレター作成メルマガの詳細ページはこちら

 

あなたがもし、既に見込み客(既顧客)を持っている状態なら、ニュースレターの効果は折り紙つきですよ。

お読みいただきありがとうございました。

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

 

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す