不動産仕入れ営業マン「仲介回り」の悩みが解消できる無料マニュアル配布中!

2021年5月4日 下記記事加筆修正しました

 

あなたは不動産仕入れ営業はご存知ですか?

銀行が貸さないといけないノルマを達成するのと同じように、不動産仕入れ営業でも買わないといけないノルマを達成しなければなりません。

※本記事下記から無料で不動産仕入れ営業マンの飛び込みマニュアルがダウンロードできます。

 

土地や物件を買うの?売りたい人がいるんだから簡単じゃない?

いえいえ、それが極めて難しいのです。

仕入れ営業の営業マンは、週の大半を仲介業者に「何か情報ないですか?」と回り、未公開情報の取得に全てを掛けています。

一度物件を買わせてもらえれば、専任返しを仲介業者にすることによってリレーションが深まり、また物件を紹介してもらえる好循環が続きます。

 

ですが、その好循環。

年数回はいいとしてもその「好循環を継続的に生み出せる」そこに行き着く営業マンはごくごく一部。

特に日本は島国ですから、その土地(物件)を求める合戦は熾烈を極め、あなたが中小企業であれば、大手が混ざった査定合戦に勝ち抜かなければなりません。

 

どうやってその好循環を生み出すのか?

仕入れ営業マンは、こんなことを望んでいますが

特に、

これをクリアすることが出来ると

・自分だけに未公開情報が貰える仲介業者と強固な関係を築きたい

・査定競争に巻き込まれない

・挨拶回りから解放されたい

 

これが結果としてついてきます

・年収を上げて役職を上げたい

・一度の専任返しで関係性をずっと続けたい

・一棟二棟現場ではなく、大規模開発分譲地を手掛けたい

・定時で帰って休みも気兼ねなく取りたい

・毎朝会社に行くのが楽しみになりたい

 

しかも、こんな悩みもおまけに解消できます

・降格の心配をなくしたい

・社内で大きい顔がしたい

・好きなものを買いたい

・もっといい条件で他社からスカウトされたい

・独立したい

・大手仲介業者の中に入り込みたい

・毎週の業務報告で詰められたくない

・日本全国どこでも仕事がしたい

 

つまり、何を叶えたいのかを考えて優先順位をつけると、後は芋づるのごとく連動します。

そこで、赤文字を叶えるには日々のあいさつ回りをこなすだけでは効率が悪いとあなたは気付きましたか?

ここがあなたの会社でも同業他社でも、圧倒的にトップを独走している人達の共通項が出てきます。

 

人とはちょっと違うことをする。

それはどんなこと?

これを読めばわかります。無料で不動産仕入れ営業マンの飛び込みマニュアル配布開始しました

今すぐダウンロードする!!

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す