メール営業で反響のあったお客様(法人)にニュースレターを出そう

前回の続きです

 

メール営業の反響が入ると、ほとんどの方と会うアポイントが切れるようになります。

 

あとは先方へお伺いしてジョイントベンチャーの趣旨説明。

 

※ジョイントベンチャーとはお互いの仕事の共通項を利用して利益を分けましょうという提案。

 

具体的には相互の顧客紹介を指すことが多いのですが

 

不動産業でメインなのは、

 

不動産関連の一般法人にメール営業を仕掛けて「御社で不動産事業部を無料で開設しませんか?」というもの。

 

御社の従業員様や御社の周りで不動産絡みのお話があった場合に弊社をご利用いただければ、

発生した手数料の〇〇パーセントを御社にお支払いします(御社で不動産事業部を持つことができます)

 

とか

 

御社からご依頼の受けた不動産絡みのお仕事は弊社であれば全て〇〇オフでお引き受けできます。
そうすることによって、御社の訴求チャネルも増えるのではないでしょうか(御社で不動産事業部を持つことができます)

 

とか

 

弊社での顧客はこういった属性ですので、その顧客に(関連性のある)御社を紹介することによって利益の相乗効果が狙えると思います。
その際の利益を50:50で折半しませんか?

※不動産業=結婚式場、不動産業=保険、不動産業=インターネット/引っ越し、

不動産業=ライフライン、不動産業=地域商店での割引券など、少し考えればリンクできる業種はたくさんあります。

 

 

という提案です。

 

その提案を面前で聞かれて

「それは面白い!」という社長さんや「ふーん」で終わる社長さんとまちまちですが、

会えたというのは儲かるチャンスに興味がある事の証明なので、ここで関係を断ち切るともったいないのです。

 

このメール営業、どちらかというとご近所の法人(商店)へのメール営業をおススメしているのですが

(同じ都府県、同じ自治体。そのほうが話が早いし、地域が共通していることをビジネス上利用できるから)

ただ知り合っているだけでひょんな時に連絡が来る関係を狙っておきたいところ。

 

 

そのためには、社長さんには定期的な連絡をお勧めします。

でも、何の予定もないのに電話するのも相手にとっては迷惑です。

社長さんなら忙しいのでなおさら。

 

そんなところからも、やっぱりニュースレターの送付が高確率にグリップできるんですよねぇ。

ニュースレターって何?

と言う方はこちらをお読みください。

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

 

 

 

 

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す