源泉営業の不動産営業マンが絶対に読む本はこれだ!

2017年11月17日 下記記事加筆修正しました

源泉営業というのは、関心のないお客様に関心を持ってもらって契約を行う営業です。

反響営業と言うのは、関心のある(探している、既に方向性を決めている)お客様に契約を行う営業です。

だから、契約を出すまでの考え方が根本的に違うので、反響営業しかやったことがない方がすぐに源泉営業をやるのは難しいです。

その代わり、源泉営業を覚えると自分の力でお客様を発掘できるようになりますから、人生(というか仕事や年収)に無限の可能性を秘めることができるようになります。←超重要

 

よく、不動産営業マンが一番初めに読むおすすめ本

とありますが、本ブログではあなたの周りにいる反響営業マンよりも一歩先を行く源泉営業を強く推奨しているので、ちょっと変わった本をおススメします。

 

え?なんでこんなのが?

とあなたは思われるかもしれませんが、

 

反響営業しか考えていない営業マンはまず読まない類の本ですので、先入観なく読んでみてくださいね。

 

http://amzn.asia/g48wSgg

・源泉営業業界では当たり前ですが、ニュースレターを定期的に郵送すると勝手にお客様から連絡が入るようになります。
この本はいったい何を書こうかな?と思った時に文体/文章の参考になります。
ホントにこんなの配ってんの?と思われると思いますが、あなたも見たとたんに問い合わせしたくなりますよ。

http://amzn.asia/2TXNSwS

・源泉営業は動いていない人を動かすわけですから、なぜ人は動かされるのかと直球のタイトル。
海外の研究者が多くの人の事例を用いて証明、理路整然と書かれています。

http://amzn.asia/1bcvQXP

・カリスマ神田昌典さんの過去の源泉営業の結果(約20年で数千社の中小企業経営者に約数千億円の恩恵をもたらした)をまとめてあります。
今主流の経営コンサルタントは神田さんのひ孫世代が多いようですね(神田さんの弟子の弟子の弟子、つまり第4世代)

http://amzn.asia/46yKkBD

・今でもセミナーに行くほど大坪さんの大ファンですが、フルコミの凄さを紙上で実感できます。
営業をやったことがない経理マンが源泉営業に目覚め、月収1,655円が月収1,850万円になった等身大の実話。

http://amzn.asia/iF3eLaI

・山下ビリーさんの十八番、聞く営業のノウハウが詰まった本です。
クビ寸前から奇跡の復活劇は大坪さんと一緒で、読むと勇気がでます。
私もこのノウハウを個人経営の司法書士の先生に試してみて、いろいろ紹介を頂いたことがあります。
で、ニュースレターで関係性を持続しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保険業界の本が多いことに気付きましたか?

生命保険業界は、超~厳しい源泉営業の世界です。

そのハードさたるや「売る/買うものが見える」不動産の比じゃありません。

 

だってあなたも「保険の営業をしている」という人はまず敬遠しますよね^^

退職率も普通じゃありません(と、知人の保険営業マンから聞いています)

 

 

私はずーっと昔からこの「生命保険業界で活躍する源泉営業のスーパースター」にあこがれ続け

何とかして彼らの生命保険業界の手法を不動産業界の仕組みに応用して使えないかと、日々試行錯誤を繰り返して、結果を出すことができました。

 

彼らは本当のスーパースターで、年収は数千万円~1億円超プレーヤーです。

残念ながら私は全っ然そこまで行けませんでした。

才能が足りないんですね(><)

 

 

が、周りの同級生よりは稼げる人生を送れました(たぶん送っています)

反響営業の世界にいる(いなくてもどちらでも)あなたにとって、絶対に稼げるようになる本ですので強くお勧めします!!

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す