不動産売買営業と不動産管理営業、どっちが儲かるの?

2019年12月26日 下記記事加筆修正しました

過去にこんな記事を書きました

不動産賃貸営業と不動産売買営業、どっちが儲かるの?

今回は、不動産売買営業と不動産管理営業、どっちが儲かるの?です。

結論から書くと、

プレイヤーの時は不動産売買営業
個人事業になったら不動産管理営業

ではないでしょうか。

単純にプレイヤーなら、給与や歩合で稼ぐ(儲かる)という言い方をすれば、多くの入金を会社にしなければ多くの収入を貰えないわけで、売買を手掛けて貰う収入と管理を手掛けて貰う収入は、恐らく大きなビル管理単位の仕事でなければ売買のほうが手っ取り早いです。

個人事業になったら不動産売買を手掛けながら管理営業(管理物件を預かる)も手広く出来ます。
例えば、月々6万円のお部屋の管理を24部屋管理していれば毎月6万円が継続的に入金されるでしょう。

※2年(24か月)で更新なので、24戸管理していれば平たく計算すると入金ベースはこうなります。

この戸数(管理物件)が伸びれば伸びるほど安定収益が見込めますので、さらに資産は加速して増えますよね

本ブログはどちらかというと儲かることを目的にしているので売買寄りの内容が多いですが管理を否定しているわけでは決してありません。

でも悲しいかな、不動産管理は労多く益少なしという言葉を聞くことも少なくありません。

要は、あなたがどこを目指すかによって不動産業の仕事は大きく変わってくるということ。

物件オーナーから管理を任せて貰うのも、プレイヤーで稼ぐのも全ては人がキーポイントです。

人がもたらす情報一つで、不動産営業は今の3倍稼げるようになります。

優真商事顧客創出部

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す