不動産業で独立を考えたら絶対にこれを読もう!

今日もお越しいただきましてありがとうございます。

いつものブログに戻りますね。

不動産営業マンにおいて【独立】は頭から離れない言葉かと思います。

それも本ブログを読まれるあなたのような意識の高い営業マンで、稼ぎたいと思っている営業マンならなおさらですよね。

・・・ちょっと話はそれますけど、ブログを書くからにはやっぱりアクセスを増やしたいと考えるじゃないですか?

 

そこで弊社がまず思ったのが、

 

不動産業で独立を目指す人に欠かせないのは売買契約書の作成方法と重要事項説明書の作成方法じゃないかな?と仮定して、その作成ページを口語調で10ページほど作ってみたんです。

(重要事項説明書の作成方法は時期をみてアップします)
独立関連の記事を何回も何回も投稿しました。

でもですね、その後【独立】をターゲットにしたブログはライバルが多すぎて全然アクセスが増えないわけですよ(><)
(上位表示されない。常にトップから10ページ下)

さすがにこれは今後同じ土俵で戦っても勝てないことがわかり(全国の行政書士もライバルで、有料広告もバンバンですしね)どうしようかと悩みました。

(※過去記事マーケティング参照)

そんな中、考えていくと不動産の【独立】には色々な種類あって、成功する人と失敗する人を多く思い出してきたんですね。
(このあたりは20年一筋で経験してきて、多くの同業者の知人がいるので助かります)

 

・会社名を借りて(業者免許取らず)フリーで働く人

とか

・集客は会社にやってもらってフリーで働く人

とか

・未経験(数年の経験)でいきなり始めちゃう人

とか

・経験を積んできて事務所も借りてキッチリスタートする人

とか

・単に物件情報を右から左へ流す人(業者免許取らず)

とか。

それで「あぁ、結局不動産業界に長く残っている人はある程度の源泉営業が出来ないと長く続かないなぁ」という周りの状況を知るうえで身を持った結論になり、

だったら自分が今までやってきた「源泉営業」をキーワードにして、ブログで広めていこうかなと思ったんですね。

「不動産業での独立」

 

は、考え方によっては(売主にならなければ)在庫もいりませんし、お客様は他の会社が見つけてきてくれる可能性もありますし、一見簡単そうに思われるのですが、大手出身(集客は会社任せ)のトップセールスマンでも独立は難しいなんて否定的な意見もチラホラあります。

それならばと、ある程度の下準備を作ってからの不動産起業が今は推奨されていて、

自分だけで数字(契約や入金)を作れる独立に向けたテクニックは、今や会社を辞めなくても十分に身に付けられる時代となりました。

 

主なそのテクニックとしては

①物件情報のパイプとなるような人脈つくり

②自分で媒介物件を取得できる力や客付けする力

③紹介客が途切れない人間関係つくり

④少人数の力を補う為に外部法人で営業部を持つ力(手数料を分け合う)

などがあります。

①~④まで登録10秒の無料メルマガで覚えられます

 

この中の一つでもあなたが自信を持てる仕事に変われば、今の年収を増やしながら将来の起業も狙えるようになるのです。

これらのテクニックを本ブログで覚えられるように日々更新していますので、もしあなたが将来的な不動産営業で独立を目指すのであれば、そのお役に立てれば嬉しいなと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました。

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す