飛び込み営業と電話営業はこれでできるようになります!

下記記事 2017年6月14日 加筆修正しました。

 

おはようございます

そろそろ年末が近づいてきました。
あなたの1年はどうでしたか?

 

私(優真商事WEB担当:小林)は別れの多い年でもありました。
え?あの方が?というような突然の別れ、・・辛かったですね。

 

それだけ年を重ねてきたからなのでしょうね。
来年の目標は来年も元気でいること。
元気があればなんでもできるは名言ですね!

 

それはさておき
飛込み営業と電話営業が苦手な方が多いです。
あなたはいかがですか?

 

私は電話営業出身なので電話営業は昔から何ともないのですが、飛込み営業だけはとても辛かったことを思い出します。
「お客を連れてくるまで帰ってくるな!」っていつも当時の上司から言われてましたから(笑)

 

ちょうど長野オリンピック(1998年2月)が開催されていた時、東京でも大雪でその時も飛込み営業をしていました。
お客さんを連れて帰れなくて皆でブーブー文句を言いながら夜中の11時にケンタッキーで時間を潰したものでした。

でもその反面、多少のことでもへこたれなくなったのも事実です。




話がズレましたね^^

そういった日々を過ごしている中で、辞めていく同僚も後輩も後を絶たずどうすればいいか迷っていた時にある本に出合います。

「私はどうして販売外交に成功したか/トニー・ゴードン 1982年著」
72件のレビューほぼ満点(2017.5.24時点)

 

ざっくり言うと
今は保険営業の神様と言われるトニー・ゴードンですが、元々は野球選手。
選手引退後フルコミッションの保険営業に転身するのですが、売れない日が続きます。

そんな彼がもがきながらも保険営業界のスーパースターに上り詰めていく実話、今だに読み継がれる名著です。

こんなにシンプルで熱い本、なかなかありません。
詳しい話はあなたにもこの年末に読んでいただくとして、一番私の心に刺さった文面を今から抜き出しますね。

 

それは「利益を訪問数で割る」
私達の不動産業界でいうと「歩合を訪問数で割る」ということになります。

 

例えば、1回の成約で5万円の歩合が出る仕事をしているとします。
でも電話営業も飛込み営業も数をこなさなければ当たりませんよね。
特に源泉営業での計測は重要です。

そこで、トニーゴードンは利益を訪問数で割って「1回当たりの訪問でこれだけ稼いでいるんだ」という考え方をしたんです。

 

おー!そんな考え方があったんだ!!
読んだときに、心がドキドキしたのを覚えています。
仮に平均300回の営業で5万円稼げるのであれば、5万円÷300回=166.6円

1回の営業で約167円稼いでいることになります。

 

※ちなみにトニーゴードンはこの訪問数を極力少なくしようと研鑽を積み、

最終的には1回当たりの訪問が数十万円になりました。

いかがですか?

 

この考え方が頭の片隅にあれば電話や飛込みで「結構です」「考えてません」と言われても、

行動する度にチャリンチャリンお金が貯まる発想になるので、断りウエルカム状態で次の行動を起こす原動力と変わります。

 

この記事も参考になります。

 

「まぁ断られたけど、〇〇〇円稼げているからいいか」と今までよりは気持ちが楽になる事がわかります。
営業って、やってもやっても成果が出なく疲れる時は

「こんな断り続けられて、いつ成果がでるんだろう」「もうイヤだ」とゴールが見えない時ですよね。

私もとっても辛かったです。
でも、これで乗り越えてこれました。
(もちろん先輩や上司や後輩といった周りのサポートも忘れられません)

 

この考え方を頭の片隅に残してもらって、今日も営業へ向かうあなたの気持ちが楽になり、少しでも力になれたらと思います。

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す