物件調査7 建築確認とは?

建物を建築するには「建築確認」の申請が必要です。現在は役所以外にも民間の指定確認検査機関も手続きを行っています。

物件調査

大まかな流れ
1.建築主による大まかな計画、それを踏まえて設計士が役所と相談
2.建築確認申請書の提出
3.審査→クリア
4.確認済証の交付(現在建築中の建物は、これが発行されているので”法を守っている”ということになります)
5.4を経て工事開始
6.完成
7.完了検査の申請
8.審査→クリア
9.検査済証交付(これがあれば、”法を守った建築物が完成した”ということになります)

また、不動産の広告(チラシ)は4.を経ていないと出してはいけない決まりになっています。”法を守っている建築計画”だからこそ、お客様には安心して販売することができるのですね。
物件調査6 要約書とは?

 

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す