物件調査6 要約書とは?

2017年8月3日 下記記事加筆修正しました。

要約書とは証明書の効力はありませんが、登記の内容の一部(所有者の氏名と登記の住所)を確認できるものです。お客様が買われる不動産の隣地の所有者は誰なのか?隣のマンションが分譲マンションなのか、賃貸マンションなのかもわかります。

謄本との違いは、所有者の氏名と登記の住所だけわかるのですが、隣地の方がいくらお金を借りていていつ買った・・なんて、買主にとってはあまり重要な情報ではなく、どこそこの誰が持っている、という情報だけわかれば実務的には十分なので、隣地は要約書を取るケースが頻繁にあります。

物件調査

よくあるケースは、境界確認の為に連絡先を確認するためや、道路の所有者(私人なのか自治体なのか等)を調べるために取得します。
物件調査5 閉鎖登記簿とは?

 


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す