火災保険と地震保険

こんにちは。
身近な火災保険と地震保険、あれってどうだったっけ?となる前にまとめておきますね。
不動産取引と切っては切れない知識のブラッシュアップにお使いください。

火災保険
火災保険は建物や家具が火災や落雷・風災などで被害にあった場合に備えて契約する損害保険です。

「失火の責任に関する法律(失火責任法)によって仮に近隣の失火で自宅が損害を被っても、失火者が故意あるいは重過失がないと判断されれば損害賠償を請求できないため、自宅を守るために火災保険は非常に重要です。

つまり、隣の人の火事で自宅が燃えてしまったとしても、隣の人に故意や重過失がないとお金がもらえないという・・怖いですね。

商品はシンプルに「火災、破裂、爆発、落雷、風災、ひょう災、雪災」を保障するタイプから水害、騒じょう、水漏れ、物体飛来、落下等も加えてカバーする手厚いタイプまで様々な種類があります。

補償内容によって保険料が大きく変わるため、ハザードマップなどを確認しリスクに応じた保障選びをすることが重要ですね。

民間の火災保険を呼ぶ際には、自分で損害保険会社に申し込むか住宅ローンを取り扱っている金融機関の窓口で申し込む方法があります。

もちろんあなたの会社で火災保険の取り扱いができれば言うことありませんね。

jishin1

地震保険
通常の火災保険は、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼拡大した損害では保険金が支払われないので、地震による災害にも備えるには火災保険に地震保険特約を付加することが必要になります。

地震保険は地震・噴火・津波によって発生した火災・損壊・埋没・流出による損害を補償するもので、単独では契約できず、主契約である火災保険の契約金額を基準に30%から50%の範囲で、かつ建物は上限5000万円、家財は上限1000万円までの金額で設定します。

保険料は建物の構造や育ちによって異なります。

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す