不動産売買営業マンのための初めての売買契約書の作り方。

2019年5月13日 下記記事加筆修正しました。

今から10数年以上前、初めて売買契約の契約書作成を任されました。

以前は新築マンションの販売だったので、会社の契約課が作ってくれていたのですが初めての仲介取引。

買主側だったので重要事項説明書と売買契約書の作成、

物件調査と経験が全くない中で1週間かけて先輩に聞いたり業界の知人に聞いたり、やっと作成を終えました。

今なら数時間で作れるものも、慣れていないととても時間がかかるものだと思います。

今はインターネットが十分に普及し、そのようなサイトも多くなってきましたが、

いかんせん、

現役の営業マンがそのまま説明したようなサイトが見当たらず・・教本は高く・・

無料で詳しく教えてくれるサイトがあったらなぁと当時は強く思っていたので、

本サイトを立ち上げるきっかけとなりました。

※現在は業務拡大し、源泉営業のセミナーやコンサルティングに特化しています

不動産営業マンの知識としては細かな法改正があったとしても、

売買契約書と重要事項説明書の説明部分と記載部分は、本質的にはあまりかわりません。

このサイトを参考にして、あなたの不動産業務の力になれたら幸いです。

売買契約書の作り方(クリック)


源泉営業なら、年収を3倍にするのは簡単です。

下記フォームからメール営業マニュアルをDLしてくれた方に源泉営業メルマガを配信中。
(ブログでは凄すぎて(?)書ききれない実際の現場状況、源泉営業の覚え方など、週1-2回/不定期配信)

実際の反響画面はこちらをクリック

■はじめに■ P5

■Chapter.1■メール営業のメリットは超ド級! P9

■Chapter.2■外部に強力なあなたの営業部隊をつくる P11

■Chapter.3■やり方(メール雛型)P 15

■Chapter.4■メール営業の応用で稼げる人脈を作り出そうP 26

■Chapter.5■自動でお客様を作り出すサイクルのスタートP 28

■最後に■ P31

源泉営業で年収が3倍になるメルマガはこちら

 

 

コメントを残す